りんご作りでも後継者不足が深刻になる今日、(有)サンファームきょうはんでは明日の農業を担うべく高卒の新入社員を育成しています。この若者に密着し、農業を通して働く姿を追っていきたいと思います。
 

Vol.146 収穫

取材日:2018年11月20日
最高気温:10.6℃   最低気温:4.2℃   日照時間:3.7時間

今回は富谷さんのレポートです。

 

皆さんお久しぶりです、富谷です。
すっかり更新が遅くなり、申し訳ありません。忙しさで、ここまでの手入れの報告や早生品種・中生品種の収穫も飛ばして、晩成品種「サンふじ」の収穫となってしまいました。

今年の「サンふじ」は、食味・着色ともに良好で、我々サンファームでは一般的な収穫時期よりも1〜2週間遅くすることで樹上完熟させて、大変良好なりんごに仕上がりました。僕たちの理想的なりんごです。

この後には、同じ「サンふじ」ではありますが、葉を摘み取らずに樹上完熟させた「金の葉とらず®サンふじ」を収穫することになります。
葉を取らないため、葉の陰になったところが色づかないなど、見た目はサンふじに劣りますが、味に関しては「サンふじ」の上を行くと思います。

以上、平成最後の収穫も残りわずか。寒さに負けず、頑張ります!

取材者編集後記
冬の足音が聞こえて来そうな、寒さが増してきた11月20日。りんご園では収穫の真っ最中でした。この数日後、青森でも平野部に初雪が降りました。
今年の作業もあと少し。スタッフ一同、体調管理に気を配りながらラストスパートです。


インデックスへ戻る