青森りんごの会 鮮度・糖度保証のりんごや青森県産りんごを使ったりんごデザートの通信販売
青森りんごの会のこだわり−糖度保証
光センサーとは、果実の1個1個に光を照射し、果実内部を透過した光の量を分析して、糖度・酸度・内部障害などを測定できる機械です。

りんごに強い光を当てることで透過した光の波長や量を測定し、果肉内部の障害を測定選別したり、糖度を計測できます。りんごを切ったり、傷をつけなくても検査できる優れものです。
りんご1個1個の糖度を測定します
りんごの糖度
光センサーで果実の1個1個に光を照射し糖度を測定します。果実内部を透過した光の量を分析することで糖度を測定し、一定の糖度以上のりんごだけをお届けします。
りんごも部分によって糖度が違うので、光センサーを通して、りんごの上・中・下の3箇所の糖度を計測しています。一般的にりんごは上部が糖度が低く、下部が糖度が高いとされています。糖度はりんご全体の平均値となります。

ベルトコンベアーにのせられたりんごは、光センサーりんご選果機に入っていきます。 1個1個のりんごに光を当てて、糖度・酸度・果実内部を調べます。内部障害を測定したり、糖度を計測できます モニターにりんごのデータがうつし出されます。1個1個の糖度・酸度・果実内部が一目で分かります。